結婚式準備として欠かせないこととスムーズに行うためのコツをご紹介

好みの分かれる引き出物の結婚式準備は通販で解決しよう

結婚式の印象を左右するのはドレスや料理の他に重要なものがあります。それは引き出物です。ドレスや式場は豪華だったのに帰宅して引き出物を開けたらガッカリしてしまった、となれば良かった部分が全て帳消し、数年後に覚えられているのは残念に思った引き出物だけということになりかねません。そういったことを防ぐため、通販で引き出物を準備してみてはいかがでしょうか。
また、引き菓子や口取りは、カタログギフトで新郎新婦が選んだもの、というのが一般的です。しかし通販では引き出物や引き菓子や口取りをゲスト本人が選べるタイプのものがあります。結婚式当日は引き出物カードをゲストの席に置いたり受付の時にお渡しするだけです。カードにパスコードなどが記載されていてカタログギフトと同じ感覚で引き菓子なども選ぶ事ができるのでゲストそれぞれが欲しいものを受け取れます。
結婚式準備はたくさんのことを決めなければなりません。それぞれの好みなどを考えていると時間がいくらあっても足りません。一生懸命考えても相手の好みに合わない事もあります。結婚式準備では余計な煩わしいことは最小限にしてゲストに選んでもらうというのも一つの手です。忙しい結婚式準備、通販を利用して賢く、好みの違いによるすれ違いをなくしましょう。

打ち合わせは結婚式準備に欠かせないもの

家族や友人などをたくさん招待して皆に祝福してもらえる結婚式は、新郎新婦が最初に行う共同作業でもあります。食事や衣装、会場の飾りつけなど、多くのことを決めなければいけないため、式の何か月も前から準備を始める方も多いでしょう。新郎新婦二人で相談するのはもちろんですが、結婚式準備を行うには、式場の担当者と何度も打ち合わせをすることも必要です。まず初めに行われる担当者の打ち合わせは、招待状の作成についてです。送る人の数より少し多い枚数の招待状を発注し、筆耕を頼む場合などは依頼をします。披露宴会場の飾りつけやインテリアなどについては、式場により異なり、フラワーアレンジなど専門の担当者との打ち合わせになる場合が多いです。式や披露宴の最中に流す曲を決めるのも大切な結婚式準備のひとつであり、なかなかに労力の掛かる作業でもあります。まず、新郎新婦二人の好きな曲をピックアップして、どのシーンでどの曲を使うのかを担当者と決めていきます。このように、結婚式準備にはいくつものことを選び決めていかなければいけないため、優柔不断な方や気持ちが変わりやすい方は、不安を抱えてしまうかもしれません。しかし、準備期間を長く設けることや打ち合わせの回数を増やす事で解決できるでしょう。

結婚式準備でトラブルを防ぐためのポイントとは

籍を入れて一緒に住んでから結婚式準備を始める場合もあるでしょうが、ほとんどは結婚が決まった後、まだ恋人同士である時に式の相談や準備を行う方が多いです。一緒に暮らしているわけではない二人ですから、お互いの時間なども合わせづらく、時にはすれ違いなども起きてしまうかもしれません。また、お互いの意見が合わないとなると、ストレスや不満が貯まり喧嘩に発展してしまうこともあるでしょう。二人で協力して結婚式準備を進めるはずが、険悪なムードになってしまっては、楽しい結婚前の時間も台無しになってしまいます。喧嘩にならずにスムーズに結婚式準備を進めるためには、式場の担当者と打ち合わせを行う前に二人で話し合う時間を作ることが大切です。その際に、お互いの希望や意見はできるだけ尊重し合うようにすれば、言い争いやすれ違いを防げることでしょう。また、結婚式は、互いの家族も関わってくることなので、二人だけの判断で決められないこともあります。そういった問題に直面した時に喧嘩になるケースが多いので、互いの家族の意見や希望も尊重するようにしてください。結婚式準備を二人で協力して乗り越えられたら、夫婦としての絆もきっと深まるはずです。

鏡を見る花嫁

結婚式準備をできるだけ効率よく進めるためには

結婚式準備は、大体当日から3か月前ぐらいから始めるのが一般的ですが、追加や変更なども多く、効率よく進めないと後々あわてることになってしまいがちです。結婚式準備を効率よく進めるためには、早くから着手できるものは、どんどん進めていくようにすると良いでしょう。式の全体像はもちろん、日取りさえも決まっていない状態でも進められる作業はいくつかあります。まず、結婚式準備で早めに進められるものと言えば、花嫁のドレス選びです。結婚式場でもドレスショップでも、普段から定期的にドレスの試着イベントなどを行っているので、会場選びのついでにたくさんのドレスを着ておくと、ドレス選びに掛かる時間が節約できます。結婚式でのドレス選びは、花嫁にとっていちばん大切な準備であり、どうしても譲れないこだわりや理想がある場合…

結婚式準備でペーパーアイテムはどうしたら良い?

招待状や当日会場で必要になる席札、メニューカードなど結婚式準備には、何かとペーパーアイテムをそろえる必要があります。結婚式のペーパーアイテムは、当日参加する人数分だけ必要になるものなので、1枚当たりの料金を良く考えて選ばないと費用が高くなってしまいます。席札などのアイテムは、結婚式場で手配をしてもらえる場合がほとんどですが、専門通販サイトから購入してそろえることも可能です。式場で用意する場合よりも専門通販サイトの方が安価なものが多いので、節約にも役立ちますし、デザインやカラーバリエーションも豊富です。結婚式準備を進めているうちに予算をオーバーしそうになることはよくあることですが、ペーパーアイテムなど節約できるところで調整をしてみましょう。また、専門サイトで必要な紙だけ購入して、印字は自…

結婚式準備で招待状はいつまでに手配すればいい?

結婚式を開催することを招待客にお知らせするのが招待状の役割ですが、結婚式準備をスムーズに進めるためにも余裕を持って手配したいものです。日時や場所などを案内するのと共に返信ハガキを同封して、出欠の確認をするのにも使われます。招待状を送るのが遅れてしまうと出席者を確定できないので、料理や引出物の手配などに影響を及ぼすこともあります。 結婚式準備で招待状は、結婚式を行う日から3か月から2か月前に相手に届くように手配するのが理想とされています。それよりも遅いと招待する人の予定が埋まってしまいますし、早すぎても忘れてしまうからです。返信ハガキの締め切りの期日は、投函してから1か月後くらいに設定しておきましょう。おめでた婚等で結婚式準備の時間が短い場合には、招待客を早めにピックアップ…

結婚式準備でゲストのリストアップは家族とも話し合いが必要

結婚式に招待するゲストのリストアップは、何かと揉めることが多い結婚式準備の1つです。新郎は親族など親しい身内だけでアットホームな結婚式を行いたいと思っていても、新婦は会社の同僚や友人を沢山呼んで盛大な結婚式を挙げたいと思っているなど二人の意見が合わないことも多くあります。また、ゲストをどの範囲まで呼ぶかで家族が口出ししてきたり、揉めたりすることも多いようです。 親族を招待する場合には親同士の繋がりなどもありますから、新郎新婦の意向だけで結婚式準備を進められるわけではありません。地域性などもありますし、その家の風習や考え方などによっても違ってきます。そのためゲストをリストアップする際には、両家で事前に話し合っておくことが重要になります。特に代々商売を営んでいるような場合には…